ELMEX/バイオ関連機器の研究開発型メーカー。微生物検査用,自動化装置,検査キット,試薬を製品化しています。

■関連記事

■お問い合わせ先

株式会社 エルメックス
東京都新宿区
市谷砂土原町2丁目2番地
TEL: (03) 5229 - 7911
FAX: (03) 5261 - 4130
E-Mail : sales@elmex.co.jp
URL: http://www.elmex.co.jp
www.elmex.co.jpトップ > 製品情報トップ > 検査キット > 発色酵素基質培地 > 大腸菌群・E.coli 同時検出用 アガー トリコロール

■大腸菌群・E.coli 同時検出用 Pro・media アガー トリコロール

のついている製品はサンプル要求が可能です。
デソに代わる、待望の次世代培地です
食品衛生検査指針 微生物編2004年に収載されました。
コロニーがきれいに発色します

透明な培地上に、E.coli、大腸菌群 は赤く発色するため、誰にでも簡単に判定できます

< 印刷用カタログ(PDF) >

■原理

 

E.coli 陽性

β-グルクロニダーゼは、Salmonella および Shigella を除いた腸内細菌中 E.coli のみにみられる特異的な酵素で E.coli の95%が保持しています。このβ-グルクロニダーゼにより発色酵素基質 X-GLUC が加水分解され、青〜青紫に発色します。

● 大腸菌群陽性

大腸菌群が産生するβ-ガラクトシダーゼ(乳糖分解酵素)によって発色酵素基質 Magenta-GAL が加水分解され集落が赤〜紫に発色します。

< 技術資料 >
商 品 名 Pro・media アガートリコロール
コードNo. XMA-01N XMA-400
包装形態 7.85g/アルミ袋×40袋/箱 400g/ボトル (顆粒)
組 成 ラウリル硫酸ナトリウム、Magenta-GAL、X-GLUC、その他
使用方法 ・ 1袋(7.85g)を200mLの精製水に加温溶解する。(オートクレーブ滅菌可能)
・ 混釈培養法: 試料が注入されたシャーレに、50℃以下で培地を分注し混釈する
・ 塗抹培養法: 分注しゲル化させた培地表面に試料を滴下し、均一に塗抹する
・ 培養は孵卵器で、35〜37℃、18〜24時間行う
仕様は予告なく変更する場合があります。
<< 製品情報トップ
- Copyright © ELMEX Allright Reserved -