株式会社エルメックス

PRODUCT DETAIL

製品情報

Pro・media ST-SSP

ST-SSPは、SWAB TESTおよびSwabstar専用のX-GAL・MUG培地です。SWAB TESTまたはSwabstarの容器で培養できます。
印刷用カタログ(PDF) »

特長

  1. 食品衛生検査指針微生物編2004に収載の組成
  2. 迅速化
    (1)色と光で、大腸菌群・E.coliが同時検査可能
    (2)24時間で検出が可能(BGLBでは48時間)
    (3)EMB培地等を用いた追加試験や確定試験が不要
  3. 簡易的でしかも感度が5倍
    (1)5mL中の大腸菌群とE.coli検査ができるので感度が1mL検査より5倍の高感度。
    (2)恒温水槽が不要
    (3)滅菌済みですので培地作成や試験管の準備や洗浄が不要
    E.coli検査の際は、BL-365N(λ365nm)紫外線ランプをご用意下さい。
Pro・media ST-SSP

Pro・media ST-SSP

仕様

商品名 コード 仕様 入数
滅菌液体培地
Pro・media ST-SSP
ST-SSP ラウリル硫酸X-GAL・MUG培地 検体5mL用 300本(10本/アルミ袋×30)
LED ブラックライト BL-365N 波長:λ365nm 1本

製品一覧に戻る

使用方法

拭き取りを行う
(SWAB TEST Pro・media ST-25またはST-26)

1. 容器のラベルに、ID(検査箇所や日付等)を記入する。

image

Pro・media ST-25PBS

2. SWAB TEST のキャップを開け、容器の外側から綿を絞る

image

3. 検査箇所を拭き取る

image

4. 拭き取った後、綿棒を容器に戻しキャップを閉じ、混釈する
5. 試料原液の出来上がりです

image

大腸菌群・E.coli の検査を行う

1. SWAB TESTまたはSwabstarで拭き取った後の試料原液を、一般生菌数などに使用した後、容器に5mL残して余剰分を廃棄する。
2. SWAB TESTまたはSwabstarのキャップの上蓋をあけ、ST-SSPを注入する。
3. SWAB TESTまたはSwabstarの容器ごと培養する。
培養時間:24時間
培養温度:36±1℃

4. 判 定
大腸菌群陽性:内容液が青色を呈する。
E.coli陽性:LED ブラックライト BL-365N(λ365nm)を照射して、内容液が蛍光を呈する。
E.coli(蛍光)は、暗室の中でなくても室内光で確認できます。

image
Translate »